各種教育資格制度

百貨店食品安全アドバイザー検定資格制度

百貨店食品安全アドバイザー検定資格制度とは

百貨店に来店されるお客様に「食の安全と安心」を提供するために、食品担当者の人材力強化を目的に創設された百貨店業界共通の食品検定資格制度です。

受講までの流れ(一例)

申し込み

  • ① 会員各社窓口担当者様よりお申込み(会員価格)
  • ② 会員外企業担当者様もしくは個人でお申込み(一般価格)

◆毎月募集(18日締切)

教材送付

受講生ご本人の自宅宛に教材を送付

申込月の月末に教材到着
翌月1日より学習開始

学習・課題提出

計画的に学習し、1ヶ月に1回を目処に課題を提出(合計3回)

課題提出後から約2週間後に、採点結果と復習ポイントをご本人宛に送付します

【標準学習期間】開講月から3ヶ月

【在籍期間(学習終了期間)】開講月から6ヶ月

◆在籍期間(6ヶ月)以降に課題を提出した場合は、修了できません。

課題修了

課題の得点が、3回とも80点以上(100点満点)で修了

◆得点が80点未満の場合は、各回毎に1回限りで再提出が可能です。ただし、再提出の得点も80点未満の場合には、修了できません。

認定審査

●課題送付

課題修了(3回とも80点以上獲得)後、認定に必要な「審査レポート」を個人宛に送付します。
【修了証の発行はありません】

●レポート作成・送付

修了日から3ヶ月以内に審査レポートを作成し、事務管理センターへご提出下さい。

●審査・認定

レポート審査を行い、認定者には、「百貨店食品安全アドバイザー」の認定証を発行します。

◆認定証は
①会員各社窓口担当者様
②受講生ご本人(個人申込)
上記のいずれかへ送付致します。
◆資格の有効期間はありません。

各種手続き